記事一覧

病は人に何かを感じさせる

一昨日、夜中に腹痛&ピーピー、発熱といういつもの3点セットが襲ってきた。昨日はトイレ通いしながら寝ていたけど、午後には熱も39度を超えてきて、「いつものことながらろ本当にしんどいなぁ」と心が萎えた。でも昨日は日曜日で相方が終日家にいた。家にいるからといって何をしてくれるわけではないけれど(当たり前だのクラッカー、トイレは自分で行くしかない。笑)、誰かがいてくれるという状態はなんだかとても安心する。同じ...

続きを読む

食わず嫌いと食って嫌い

この世の中、なんとなく苦手とか、なんとなく嫌い、というものがけっこうある。私の場合、食べ物に関しては、どうしても食べられないのは虫くらいなもんで、苦手とするパクチーも食べられないものではない。同じく、食べ物以外でも苦手なものはある。私は、西欧人が苦手だった。挨拶で抱き合うとかキスするとか、私の男にはするなー!!!って。笑無駄にデカくて馴れ馴れしくて厚かましい。そう、苦手な理由は実に勝手な言い分でし...

続きを読む

ドイツで気がついたこと

ドイツに来てみて気がついたこと。・トイレットペーパーが頑丈(笑)で破けない。ミャンマーは金魚すくいの紙より弱くてボロボロだから、ドイツのペーパーに感動!・ホテルやレストラン以外のトイレはたいてい有料。(1ユーロ=約135円)その代わり、お掃除の人が常に見張ってて清潔。でも、おしっこするのに135円払うって。。。(笑)・水道水が硬水なので、髪が硬くなってバサつく。手も荒れやすい。・ドイツ車だから当たり前なん...

続きを読む

リューデスハイムの夜

リューデスハイム2日目の夜は、3軒はしご〜♪1軒目ではソーセージが絶品、2軒目ではドイツ人のご夫婦が歌に合わせて踊る様子に見とれ、中でも手がペンギンのように可愛いおじさまは、終始笑顔で奥様を見つめる目が優しくて、私はペンギンおじさんに釘付けになりました。笑ドイツのお店ではウエイターやウエイトレスがお財布のようなバッグを肩にかけていて、お会計を頼むとそのお財布がレジになるのです。面白いね。相方はつい「シ...

続きを読む

ドイツで感じたこと

昨日の朝は少し早起きしてハイデルベルク城を見学した。ドイツの街並みは本当に美しく、城からの眺めはまるで絵葉書のよう。ハイデルベルク城を背景に、本当は大きいのに小さく写ってる私。笑お城が大きくて良かったー。ハイデルベルクからフランクフルトを経由して、ドイツの旅の最後はリューデスハイムという街を選んだ。リューデスハイムの街はとても小さいけれど、「つぐみ横丁」というワインと歌と踊りを楽しむ小路があり、泊...

続きを読む