記事一覧

どうにも止まらない

普段何気なく感じていることが時として大きくなって溢れ出すということがある。

普段何気なくどころか十分感じているけど、見ないように見ないように避けて避けて無理して抑えてることが溢れ出すとけっこう大変なのだ。

昨日、ヤンゴンの高級サービスアパートに住むお友達の家に招かれ、午前中からおしゃべり&ランチをして、その後で同じサービスアパートの他のお部屋で何人か集まり某ゲームに興じるという1日を過ごした私。

お家賃が数十万円ともそれ以上とも言われる高級サービスアパートだもの、そりゃあ我が家とは違うのは昨日初めて知ったわけでもなく、サクラレジデンスに何度も泊まったことがあるのでヤンゴンの高級サービスアパートはこんな感じだと知ってますよ、十分。

日本だったらあの程度は当たり前だってことも。

でも、ここはミャンマー、自分が住んでいるのはローカルアパート。

ここは立地はいいし、どこへ行くのも比較的便利だし、日本で言うところの浅草裏通りみたいで、ステテコ履いたおっちゃんがビールケースをひっくり返して座ってるみたいな下町っぼさも嫌いじゃないし、部屋は両面バルコニーで明るいし、女の城であるキッチンは二面窓で窓の外は緑が溢れてるし、良いところもたくさんある。

しかし、嫌な面もたくさんあって、その嫌な面が全く無い高級サービスアパートを見てきた後だと「なんでやねん」という気持ちが湧き上がり、ムラムライライラが募ってどうにもならない。

蝶にも花にもならないよ、恋した夜はあなた次第なんかじゃないよ、どうにも止まらないよ。

収納が一つも無いからすべてが表に出るしかなく、すべてを収納に納めてしまいたい私としたら考えられない暮らし。

シャワーとトイレが同じ一室なのは欧米型だけど、バスタブ無いから常に濡れてる床、滑って転ばないのが奇跡、窓も換気扇も無いからカビ繁殖し放題、日本のカビキラーも効果なし、ミャンマー洗剤は目と鼻が痛くなるストロングにしては効果なし、配管パイプがむき出しだから工事中のようだし、その裏の汚れが気になるし、バスタイムを楽しむなんて皆無のつらい空間でしかない!

キッチンのコンロは4口だってさ昨日の高級サービスアパート、我が家はIHの1口だよ。

言い出したらキリがない、嫌なら日本に帰って素晴らしい日本の家に住みなさいよ、と自分に言い聞かせる。

ミャンマーの家に住みたくてミャンマーに来たわけでもあるまいし、不自由ながらもここで何とか暮らせてるし、一番大切なものは何も変わっていないし、嫌なことやどうにもならないことがあっても不便を楽しさに変えてみよう、すべては自分の心の中にあるんだ。

でも、たまには言いたいよ、叫びたいよ。

ミャンマーのバカヤロー!!!

久子さん、ミャンマーはあなたが来る前からずっとミャンマーで、あなたが勝手に来てるだけでしょ、ミャンマーを悪者にしないでよ、とミャンマーに言われそうだ。

そうだ、ミャンマーは何も悪くない。

悪いのは。。。高級サービスアパートか。

奴らさえ無ければ。。。

停電しても自家発電でものともしない高級サービスアパート。

自家発電機が壊れればいいのに。

うっしっし。笑

こうして誰かを悪者にして、私は心の平和を取り戻すのだ。

そして最後はこれ。

酒だ、酒だ、酒もってこーい!!!

↓よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント